産業看護師と産業保健師

産業看護師,産業保健師,違い

看護師の仕事と比べて夜勤がない企業が多く、待遇も安定している産業看護師が人気を集めています。

 

産業看護師と似た名前の職種で、産業保健師という職種があります。
産業看護師と産業保健師は何が違うのでしょうか?

 

産業看護師と産業保健師を合わせて産業看護職と呼ばれることもありますが、求められる仕事内容は違ってきます。

 

産業保健師は従業員の健康管理や健康相談、衛生管理を主に担当し、従業員の病気を予防することが主な仕事です。
産業看護師は、病気にかかっている従業員のケアをし、サポートをすることが主な仕事です。

 

産業看護師と産業保健師の仕事内容は一部重複するところもありますが、企業が病気を予防することに力を入れたいのか、今問題になっているメンタルケア等の病気のケアについて力を入れたいかによって、産業看護師と産業保健師のどちらを募集するかが決まるようです。

 

産業保健師は産業看護師の仕事も担当することが出来るために、保健師資格があった方が採用には有利なようです。
産業看護職を目指している方は、保健師資格を取得しておくと有利になりそうですね。

 

産業看護師の求人が豊富な看護師求人サイトは?



このページの先頭へ戻る